犬の病気辞典

犬の病気を調べたい方向けに情報を集めました

*

犬の前庭疾患・前庭炎

   

【症状】 
平衡感覚をつかさどる前庭神経に異常がおきて、体のバランスがうまくとれなくなるため、頭をかしげ、まっすぐ歩くことができなくなります。

症状は急にあらわれることが多く、重症になると横に倒れたりします。

【原因】 
前庭神経の異常が生じる原因として、耳の炎症や耳にできた腫瘍などがあげられますが、なかには原因不明なものもあります。

一般に5、6歳以上の犬によくみられます。

【治療】
病気があらわれたら、早いうちに副腎皮質ホルモン薬やビタミン薬を与えると効き目があります。

適切な治療をおこなえば、1週間くらいで症状はおさまります。

場合によっては、治癒後も頭がやや傾きかげんになったままということもありますが、運動機能自体は正常に戻ることが多い疾患です。

 - 脳・神経

Sponsored Link

336

336

  関連記事

By: David Offf - CC BY 2.0
犬の癲癇(てんかん)

【症状】  よだれを流したり、落ち着きがなくなってウロつくなどの前兆の後、急に四 …

By: Cristian Bortes - CC BY 2.0
犬の小脳障害

【症状】  運動機能を調節する小脳に異常がおきて動作がぎこちなくなったり、立つ時 …

By: Craig Howell - CC BY 2.0
犬のホーナー症候群

【症状】  瞳孔が小さくなる、まぶたがたれるなど目に異常がおこります。 大半は片 …

By: Ana_Cotta - CC BY 2.0
犬の水頭症

【症状】 脳が圧迫されることによっておこる病気で、脳のどの部分(神経)が圧迫され …